ぴのこのはなし

知的障がいのあおと一緒に育つ お母のブログです

大家さんと僕を読んで

本を探しに行った古本屋さんで

前から欲しかった

「大家さんと僕」を見つけました。

 

f:id:pinopinotan:20190112183130j:image

 

 

探していた本は無かったけれど

大収穫!

漫画なので一気に読めました。

 

お笑いコンビ ・ カラテカのボケ担当の

矢部太郎さんと大家さんとのほっこりとしたお話。

暖かい気持ちになりました。

 

読み終わって2日

なぜかモヤモヤ

私にとって衝撃的な1ページ

 

f:id:pinopinotan:20190112183114j:image

 

大家さんのお家に来ているヘルパーさんに衝撃をうけていたのでした。

 

こんな…こんなこと…あるの?!

 

ここに注目してしまったのは

私がホームヘルパーだったからでしょう。

 

真面目に頑張って

変わって行く介護保険制度に心がついていけず

時間に追われて辛かった日々を思い出して重なってしまいました。

 

この本のホームヘルパーは絶対にダメな事をしているわけですが(仕事自体はきちんとやるべき事をしていたのでしょうけれど)

「こんな自由なヘルパーさんいるんだ

Σ(・□・;)」

と、衝撃を受けました。

 

そして真面目すぎておもしろみの無い自分が嫌になりました。( ;´Д`)

 

真面目は大事ですが、その中で楽しめなかった私はだめだったなぁとおもいました。

 

家の中ではゆるーくゆるーく

ズボラなんですけどね…     (笑)