ぴのこのはなし

知的障がいのあおと一緒に育つ お母のブログです

成人の日の思い出

 

長男あおは今22歳

知的障害中度

障がい者雇用で働いています。

 

2年前成人式を迎えました。

小学生の頃の6年間は通常級で地元の友達と遊んでいましたが

中学は学区外の特別支援学級で、高校は家から1時間半かかる特別支援学校だったので、地元の友達との交流がありません。

 

市から成人式の案内が来てから事あるごとに

「成人式いくの?」と聞いていました。

 

ひとりぼっちになっていたら可哀想だと思っていたんです。

 

高校で卒業生の新年会と成人のお祝いのような集まりがあったのでスーツは用意していたのですが

 

私はギリギリまで「本当にいくの?」と聞いていました。

 

私のあまりのしつこさに

あお「行くって言ってるじゃん!

と、強く言ってきました。

 

 

怒った  あお の顔を見てハッとしました。

そしてとても反省しました。

 

あおはずっとみんなに会えるのを楽しみにしていたんです。

 

ごめんね…あお。

勉強が解らなかったあおを6年間通常級に行かせたのは私たち親でした。

 

お友達と毎日放課後も楽しく遊んでいたから学校にお願いしてみんなと過ごしていたのを忘れていたんです。

 

小学生の時の様子をかいています。↓

 

 

 

 

当日不安な気持ちもありましたが

あおは喜んで出かけていきました。

 

たくさんの友達が声をかけてくれたそうです。

 

みんなで写真を撮ったり

お話したり

楽しかった!と言って帰ってきました。

 

成人式の日にはお友達への感謝の気持ちで、心が温かくなったり

自分が反省した気持ちと あおの 気持ちを思い出して心が痛くなるのです。

f:id:pinopinotan:20190114224008j:image