ぴのこのはなし

知的障がいのあおと一緒に育つ お母のブログです

子離れ準備٩( 'ω' )و

 

 

お疲れ様です。お母のぴのこです(*^^*)

 

6月の終わりに初めて夫婦だけのキャンプへ行ってみました。

 

もう、子どもは大きいと言っても長女の もも は一緒に暮らしていないので、障害のある あお と高校生の きい を一晩2人だけにするのは初めてでした。

なので携帯の電波の入る、すぐに帰れる近場でキャンプをしました(*^^*)

 

キャンプは10年ぶりで、テントやタープを張るのは久しぶりだったので、少々とまどいました。タープは一度広げましたが上手くできなくて面倒になってやめました。

そこでお母は気付きました。お父の性格が変わった事に(´⊙ω⊙`)

 

10年前のお父は自分の予定通りに事が進まないとイライラしていました。

イライラしながら家族に当たり散らし、そんなお父にお母が怒って火に油を注いでいました。

なので、子どもたちはぜーんぜん楽しい思い出になっていないんじゃないかなと思います( ;´Д`)

 

今はお互いに歳をとって丸くなった事もありますが、タープが上手くいかなくても笑っていました(^^)

f:id:pinopinotan:20181001142346j:image

今回、近くに小さい子どもが3人いる家族がいました。危ない事をしたりひどく騒いでも全然叱る事がなく放任でした。川へ子どもだけで行かせていたのは大丈夫かな?と心配しましたが、子どもたちはのびのびと楽しそうです(*^^*)

 

うちは、周りに迷惑がかからないように叱ってばかりだったなぁ、もう少し緩く子育てしても良かったんじゃないかなと反省しました。

お父に「私たち、叱りすぎたね。こういう場所では、あの家族みたいで良かっただろうなぁ。」

と話しました。

お父も同じことを思ったと言っていました。

 

次の日の昼ご飯は家で食べていたので、短いキャンプでしたが大きな気付きがありました。

 

あおも きい もなんとなくお互いを気にして仲良くしていたようです。お母が心配するからとペットのウーとピーの写メをそれぞれが何回も送ってくれました。(*^^*)

 

その後、猛暑や台風、長雨、ピーの具合が悪くなったりでキャンプに行けていませんが お父は新しいテントと薪ストーブを購入して冬キャンプをしようとしています(´⊙ω⊙`)

 

子どもたちに自立してもらって、だんだんと家からの距離を伸ばして二泊、三泊できるといいなぁと思います。